人生を好転させる魔法の言葉

人生を好転させる魔法の言葉人生を好転させる魔法の言葉

やったら、やれるよ! 著者:ふくだ友子出版社:PHP研究所サイズ:単行本ページ数:221p発行年月:2006年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)プラス言葉を発すると、ほんの少し前向きに物事を考えられ、表情もイキイキとしたものに変わってきます。すると相手にもそのイキイキが伝わってお互いの居心地がよくなり、人間関係は好循環を始めるのです。この本は、現場での実例とともに、その場面にふさわしい言葉、人の心をうまくキャッチする言葉、反対に言わなきゃよかった言葉、なども併せて紹介します。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 言葉は魔法である(お客様を心地よくさせる言葉/「宇宙人」でも必ず言葉は通じる ほか)/第2章 人間関係で失敗しないために(基本は「目配り」「気配り」「心配り」/「らしさ」って? ほか)/第3章 人生はドラマの連続(人生はもつれた糸をほどくがごとく/人生で起こることはすべて財産 ほか)/第4章 やったらやれるよ!(「ひとくちメモ」の効用/心が風邪を引いたときは… ほか)/第5章 私が尊敬する経営の達人たち(土光敏夫さんの一言/早朝の一升瓶 ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)ふくだ友子(フクダトモコ)大阪生まれ。東芝に勤務の後、心理学、カウンセリングを学ぶ。各界の先達に師事すると共に、ジョン・ロバート・パワーズスクールにて欧米式マナーと人間魅力学を修得。ビジネスコンサルタント会社を経て、1988年に企業研修講師として独立。短期大学、日経ビジネススクール講師を歴任。各企業、官公庁、商工会議所、病院、商店、学校、PTA、各種団体など全国各地で研修・セミナー・講演に携わる。講演・研修内容は、人材育成・コミュニケーション・発想の転換・表現力・話し方・ビジネスマナー・子育て・若さの秘訣など多岐にわたる。対象者も新入社員、管理職、企業経営者、教師、OL、主婦、学生と広範(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 生き方・リラクゼーション> 生き方
さらに詳しい情報はコチラ≫

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。